Vergnes のすべての投稿

消化に良い食事で健康習慣!

飲み会が多く胃がもたれる。ストレスが溜まって胃がキリキリする。最近胃が弱っているなとお悩みの方も多いかと思います。 絶食した方が良いのかもしれませんがやはり人間不調の時でもお腹はすくものです。空腹に耐えられずなにか食べたいという時もあることでしょう。

そんなあなたになるべく胃に負担をかけない食材や料理、NG食材を今回はご紹介したいと思います。 肉と魚と卵などのタンパク源からご説明します。 肉は脂肪分の少ないものが良く、ササミやとりもも肉、フィレ肉などが挙げられます。しっかり火を通してお召し上がりください。次に魚ですが、これも脂肪分の少ないもので、白身魚が良いと言われ、サバなど脂分の多い青魚や、タコ、イカは消化に悪いと言われます。卵は半熟に茹でたもが良く、茶碗蒸しにすると理想的です。 野菜に関しては普段とれとれと言われる食物繊維が消化に時間がかかり、胃に負担がかかってしまいます。キノコ類やごぼう、レンコン、セロリは食物繊維が豊富なので控えた方が良いです。大根、人参、ほうれん草、カボチャなどがオススメです。果物も食物繊維を多く含むものがあるので注意が必要になります。柑橘系や柿は摂取を控え、バナナが消化が良いです。 主食の炭水化物はうどんが消化が良く、白米を食べる際はおかゆがオススメです。NGは食物繊維豊富な玄米や雑穀米です。 その他注意すべきことは味付けはなるべく薄くすること、香辛料やコーヒーなどの刺激物は控えてください。 しかしこう見るとNG食材が結構あります。食材全てを覚えるのは無理があるので、脂肪分が多いもの、食物繊維が多いもの、刺激物の3つは控えるということを覚えてください。そして迷った食材は調べましょう。そして、食材はいつもより小さく、細く、煮る、蒸す、茹でるなどしっかり火が通る方法で調理すれば効率よく消化され、胃に負担がかかりにくいです。 胃は食物を栄養にかえるまでの過程で消化という大事な役割を担います。胃にダメージを与え消化不良が起きると、栄養素の吸収効率が落ちたり、体調不良を起こします。そうならない為にも胃を労る食事習慣を身につけましょう。

[2021年3月]雲のやすらぎを格安で購入できる!?

ショートスリーパー注意報!睡眠不足がもたらす影響

ショートスリーパー注意報!睡眠不足がもたらす影響

睡眠とは人間としてこころと体のバランスを整えるための最重要イベントです。

最近はショートスリーパーといった短時間睡眠でも活発に活動できる人がいますが、体質によるので、無理に短時間睡眠を実践しているのは寿命を削るのと同じ行為ですので今日からやめましょう。

では睡眠不足が良くないのはなぜかを解説していきたいと思います。

1、ストレスの蓄積

ストレスは寝ている間に整理されて減少されるものですが、睡眠不足によって処理しきれず翌日に蓄積してしまいます。ストレスが原因で睡眠不足に陥ることもあるので、悪循環に入ってしまう可能性があります。

2.集中力の低下

睡眠不足によって、脳のパフォーマンスが最大限発揮できないため、勉強や仕事の効率が大幅に低下します。注意散漫になることで、人に迷惑をかける可能性があります。睡眠はしっかり取ったほうが日中効率よく活動することが出来ます。

3.自律神経失調症を引き起こす

自律神経には以下の2種類があります。

・日中活発に動くために働くために働く交感神経

・心身を休めるためにリラックスするために働く副交感神経

自律神経がバランスよく働くために睡眠がとても有効なのですが、睡眠不足が原因でバランスが乱れることが引き金で、慢性化してしまうといった自律神経失調症になる可能性あります。休みたいときに休めない体になってしまうのは非常に苦しいです。

3点抜粋して紹介しましたが、これだけ影響があるといったことがわかります。短時間睡眠は時間を有効に使えるようなイメージがありますが、全体的にパフォーマンスが低下してしまうため、実はかえって効率が悪いんです。睡眠はバランス良くしっかりとるように生活を見直してみるとより長い目で見てもきっと時間が上手に使えるようになるでしょう。

↓に良質な睡眠を取るための必需品とも呼べるものを紹介してますので、よかったらチェックしてみてください。

関連記事はこちら