Butt のすべての投稿

手軽な「塩」が気持ちの切り替えスイッチに使える

新しい職場に変わった時
大勢の人前のなにか話す機会があったり
いうtもと違う疲れを感じる日うもあります。
そんな時には帰宅してすぐに
・塩で手を洗う
・塩水でうがいする
そしてお風呂の湯舟には、潮をひとつまみ入れてゆっくりと入浴してみてください。

実は塩は入浴剤の代わりにも使えます。
塩を入れたお風呂に浸かると、嫌な気分もスッキリ晴れてリフレッシュできます。

塩には不思議な作用があります。
ヨーロッパでは塩にこだわりを持つ人も多く、自分専用の塩を小さなケースに入れて持ち歩きレストランで出された料理にさっと振りかけているのもよく見かけます。
また日本でも昔から「塩」はお清めとして使う習慣も有名です。
また繁盛しているお店の入り口にはよく盛り塩が置かれたいますよね。
塩にはなにか神秘的なpワーがあるのを知らず知らずのうちに皆さん使っているのです。

この詩をの力を嫌な気分の知己にこそ使うのです
自宅で盛り塩を置くのもいいでしょう。
洗面所
玄関
寝室
邪気を払いたい場所に置くのもいいと思います。
それが気分のリフレッシュにもなります。

塩は手軽に使えるものですが、必ずしも「塩」でなければならないというものでもありあm線。
大事なのは、なにかm自分で気分を切り替えるスイッチみたいな道具を持つことなんです。
安くてどこに出会って神秘的なパワーもある
それが塩なので塩をおおすすめしているだけです。

他にもグラス一杯の水を飲むことでも
静かに手を合わせてお祈りをすることでも
何でもいいのです・
あなたが気持ちの切り替えを出来るきっかけみたいなスイッチや道具を持つことが重要です。

今でこそ塩は安価でどこでも手に入る物でしたが、はるか昔橋をはとても貴重な物だったのです。
昔はお塩は非常に貴重なもので神聖でな物だったので、神具として神棚に置かれたり敷地内に盛り塩をすることで大地や家の住人にパワーを得ることができると考えられていました。
そして病や争いごとなどで多くの人が亡くなることが多かった時代です。
神聖な塩で人が亡くなるのが続かないように、災いや穢れを清める意味で盛り塩が利用されていたのです。
シンプル瞑想 口コミ

自分の家の庭にお墓を作りたい

「お墓を粉具名に砕いてから海に撒く散骨」
「綺麗には野作木の下に埋める樹木葬」
そんないろいろなお墓御スタイルも増えてきた現在において
「お墓に関することは本当に自由に決めてもかまわない」と勘違いする人も増えてきました。
そこでご主人を無くされた奥様なら
「うちにはそこそこ大きな家なので広い庭がある。
 だから毎日お参りができるように亡くなった主人のお墓を建てることはできないのかしら?」
と考えるかもしれません。
実際に墓石屋さんにそんな相談もあったくらいです。
————————————————
実は遺骨を決められた場所以外に埋葬することは立派な法律違反なんです。
遺骨の埋葬は法律で厳しく決められているのです。
墓地、埋葬等に関する法律第2章第4条
埋葬または焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。
———————————————-

つまり国から簿ととpして認定を受けた場所以外に勝手にお墓は作れないンドエス。
しかも墓地として認可を受けるには相当難しいことで現実的ではありません。
ですから結論は
「いかに自分の土地であるお庭でも勝手にお墓は作れない」
ということになります。

地方の山奥には家先に墓石があるところもありますが、そこの場所は国が墓地として認めている場所です。
この法律が施行された時にすでにあったお墓なのでしょう。
お墓に関する自由度は高くなってきてはいますが遺骨の取り扱いには法律で厳しく制限されていることは知っておいてください。
海に遺骨を撒く散骨でも、いわだギリギリのグレーゾーンの取り扱いです。
「許可はしていないけれど罰っしはしない」
極めてあいまいな所でもあります。
もちろん山への散骨も同じです。
樹木葬も、あそこはきちんと来ぬから墓地霊園として認可と受けているのです。

お墓はきちんと国から認可している場所でしか作れないことは知っておきましょう。
お墓 いらない

不倫シタ夫の呆れた言い訳「家庭を壊すつもりはない」で離婚しない妻

例えばこんな状況ならあなたはどうい考えますか?

40歳の奥さん。
最近旦那の態度がおかしいと問いただすと旦那は
「好きな女性がいる」
と開き直ってしまった。
相手は会社の同僚の35歳の人妻である。
奥さんが
「じゃあ、どうするのこれから?」
とさらに詰め寄ると旦那は
「いまのこの家庭を壊すつもりはない」
と矛盾した答えである。

世の中にはこんな旦那が多いのである。
それはまるで心理的に成長しないピーターパンみたいなアダルトチルドレンなのである。

夫がいう「家庭を壊さないから」というのが離婚しない理由でよいのですか?。
精神的幼稚な夫はみんな身勝手です。

夫が家庭を壊さないというのは愛情ではなく小心者だからです。
本当に心の底から不倫相手を愛しているのなら家庭も捨てて離婚してでも相手の不倫相手と結ばれるべきでしょう。
でも、その勇気もありません。
今あるものは失いたくない
でも不倫は続けたい
そんなみがってをゆるすあなたもあなたではないですかね。

離婚して後悔するのは一緒にいる時に努力をしない人

もし、あなたも離婚はしたくないのなら旦那を変える努力をしてますか?
そうしないとたとえ離婚してもまた同じような失敗を繰り返しますよ。
なぜなら離婚する人は前の毛婚から何も学んでいない人がとても多いからです。
だから、また同じような男を選んでしまいがちなのです。

離婚の辞さない毅然とした態度をとりましょう

精神b的に幼稚な夫を成長させるには毅然とした態度をとらないといけません。
それには「離婚も辞さない」という毅然とした態度が必要かもしれません。
仮に今のその不倫相手と別れてもそんな幼稚な夫は、またいつか同じような不倫をするものです。

なにかえる物があれば、その代償は小さいものではない!
そのことが何だの精神的成長を促すものです。

いつまでも妻に甘えてばかりいる幼稚な夫を許し続ける妻のあなたにこれからも甘えさせ続けますか?
それとも離婚しますか?
離婚 準備 離活