モチベーションの低い同僚看護師にイライラ!特に外来勤務に多いしてしまうのはなぜ

元々は病棟勤務だった看護師さんが外来勤務の職場に転職した時に多く見られるのは同僚看護師のモチベーションの低さです。
あまりにもモチベーションが低すぎてついイライラしてしまうこともあります。

病棟勤務では昼夜を問わずバリバリと働いていたkジャン越しには大きなショックを受けるかもしれません。

「決められた時間だけ働いてお給料をもらえばいいのよ」
「看護師長に叱られないようにしていればいいのよ」
同僚の看護師がそんな看護師ばかりだとついイライラしてしまうます。

しかし、気を付けてください。
人の価値観は人それぞれなのも現実です。
周囲の出来事や他の同僚看護師に対してイライラする時は、自分自身の価値観を振り返るよいチャンスでもあります。
もちろん
「いつも前向きでありたい」
「看護師としての仕事にはモチベーションを高くモテ取り組みたい」
というのはとても素晴らしい考え方です。
ただ子の価値観も
「こうあるべき」
「こうでなくてはいけないう」
という自分と他の同僚看護師を比べて決めつけてはいけません。
「かんごしはこうおあるべきである」
という考え方に縛られすぎるとついイライラがしてしまい、なにかの拍子に爆発してしまうかもしれません。

意識やモチベーションの高い看護師ならば
「もっと勉強すればいいのに」
「もっと自主的に仕事ができないの」
と感じることでしょう。
しかし、モチベ-ションの低い同僚看護師にイライラしてしまう時には
「私はいつもがんばっている」:
「あんな看護師になってはいけない」
と一生懸命働いている自分自身を褒めてあげてください。

実は管理職の方はあなたの働きぶりとしっかりとみているものです。
同僚看護師のモチベーションに低さに影響されず、胃日一倍働いているあなたの看護師としての仕事の取り組みはすぐに目に止まると思います。
まわりに同僚看護師のモチベーションが低いければ低いほどあなたの働きぶりが目立つようになります。
きっとそんなあなたの働きぶりは管理職の方の目に止まり、あなたの強い味方になってくれることでしょう。
もしもそうじゃなかったらさっさと職場を変えてみるのもいいかもしれません。
看護師 求人 ブランク可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です