犬はあなたの家庭内の順位を見ている!「こいつは俺より下だ」

「ママの言うことは聞くの͡、俺の言うことは全く言無視する」
ひょっとしたらあんたの愛犬がそんな風ではありませんか?
それは、ひょっとしたらあなたのことを「こいつ、俺より順は下だ」と思われているかもしれません。

実は大昔、犬は群れで行動する動物で、その群れのかなに毅然たる序列があったのです。
kじょこの序列があったからこそ群れとして統制が取れた行動ができ、生存競争を勝ち抜いてきたのです。
その本能が犬にはまだ残っており、本能的に序列をつけているのです。
これは生まれたての子犬でもすでにその本能は備わっています。
生後4~5週目には、生まれた子犬の兄弟の中にもすでに順位づけが始まり、母犬に甘えたり食事をするう順番も徐々に決まってきます。

これは人間に対しても同じで、新しく家族の一員として加わった犬は、その日常生活の中で家族を観察し、
家族内のそれぞれの人間の順位
そして、
その中でのその犬自身の順位
を決めていきます。
たとえば家族とその医務自信を含めた中でそのジュにが
1位 ママ
2位 パパ
3位 幼い弟
4位 自分(犬)
5位 中学生の姉
という風に決めチェ檻、それに従って犬はこう度いうするのです。
誰の命令に従い
誰の目入れには無視する
そんな行動はこの順位からきているのです。

また犬は自分に優しくよく遊んでくれる人間を自分より上と順位付けします。
ですから
あまり犬と遊んでくれない忙しいパパの目入れにはまったく従わずに、
よくその犬を遊んでくれる幼い息子の言うことは聞くことになるのです。

また、間違った飼い方をするとその犬自身が家族の中で一番偉いと錯覚してしまう場合もあります。
幼犬時代に甘やかしすぎて育ててしまうと犬自身が人間は自分より下の順位とみてしまうのです。

犬にとって自分より下の順位の人間に命令されるのは大きなストレスです。

こんな視点でゆうことを聞かない愛犬に接してみてください。きっと家庭内の順位付けに納得するかもしれm線。
犬は実に細かく人間を観察していおるのです。
老犬 夜泣き 死期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です