遺品整理は小金持ちの家ほどもめやすいから気を付けて

「遺品整理ってやや裕福な小金持ちの家ほどもめやすい?」
これはたくさんの遺品整理の現場を見てきた私が感じていることです。
「やや裕福な小金持ち」
いわゆる「お堅持」「資産家」とまではいかないけれどお金にはさほど府重辞意はしていな方家庭のことです。
こんなやや裕福なお家って意外と分けるのにもめる遺品がたくさんあるんです。
「資産家」「お金持ち」の家の相続って必ず相続税がかかてきます。
この相続税の申告では、相続発生したら相続税の申告書に財産汚新井在愛を記入しなけれbなりあm線。
さらには相続税対策として予め伊佐の分け方を決めています。
だからこそ「お金持ちの遺品整理はもめない」ともいえるのです。
予め度の遺産が誰に行く丘?
それが決まっているのですから、遺品整理ではあまりもめません。
しかし、「やや湯複」「小金持ち」のお家では必ずしも相続税がかかりません。
あるいはかかったとしてもその相続税はわずかです。
ですから予め相続に足して考えておく家ってほとんどないのです。
しかし、この「やや裕福」「小金持ち」の家には換金性の高い遺産・遺品って少なからずあるのです。
しかもこれが湧けられない。
例えば、母親の指ややネックレスなどの装飾品が良いれです。
母親の形見として娘がその遺品としてもらいますか?
それとも息子の嫁が義理の母親からの遺品としてもらいますか?
市場にいのはそんな遺品はいったん売却して、お金に換えてから子供たちみんなで分けるのがベストです。
しかし親の形見ともいえるそんな遺品を売るのはちょっと罪悪感を感じる子供たちも少なくありあm線。

他にも
・ブランド品
・高価な海外音系
・車
市場のお気いのは実家であるい土地建物でしょう。

分けられない遺産・遺品がたくさんあればあるほど遺品整理はもめやすいのです。
しかも祖の価値ってブラックボックスなんです。
いくらで売れるのか?
いくらの価値があるのか?
みなさん疑心暗鬼になります。
そんな状態で遺品整理をするともめやすいのです。
遺品整理 いつから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です