犬はあなたの家庭内の順位を見ている!「こいつは俺より下だ」

「ママの言うことは聞くの͡、俺の言うことは全く言無視する」
ひょっとしたらあんたの愛犬がそんな風ではありませんか?
それは、ひょっとしたらあなたのことを「こいつ、俺より順は下だ」と思われているかもしれません。

実は大昔、犬は群れで行動する動物で、その群れのかなに毅然たる序列があったのです。
kじょこの序列があったからこそ群れとして統制が取れた行動ができ、生存競争を勝ち抜いてきたのです。
その本能が犬にはまだ残っており、本能的に序列をつけているのです。
これは生まれたての子犬でもすでにその本能は備わっています。
生後4~5週目には、生まれた子犬の兄弟の中にもすでに順位づけが始まり、母犬に甘えたり食事をするう順番も徐々に決まってきます。

これは人間に対しても同じで、新しく家族の一員として加わった犬は、その日常生活の中で家族を観察し、
家族内のそれぞれの人間の順位
そして、
その中でのその犬自身の順位
を決めていきます。
たとえば家族とその医務自信を含めた中でそのジュにが
1位 ママ
2位 パパ
3位 幼い弟
4位 自分(犬)
5位 中学生の姉
という風に決めチェ檻、それに従って犬はこう度いうするのです。
誰の命令に従い
誰の目入れには無視する
そんな行動はこの順位からきているのです。

また犬は自分に優しくよく遊んでくれる人間を自分より上と順位付けします。
ですから
あまり犬と遊んでくれない忙しいパパの目入れにはまったく従わずに、
よくその犬を遊んでくれる幼い息子の言うことは聞くことになるのです。

また、間違った飼い方をするとその犬自身が家族の中で一番偉いと錯覚してしまう場合もあります。
幼犬時代に甘やかしすぎて育ててしまうと犬自身が人間は自分より下の順位とみてしまうのです。

犬にとって自分より下の順位の人間に命令されるのは大きなストレスです。

こんな視点でゆうことを聞かない愛犬に接してみてください。きっと家庭内の順位付けに納得するかもしれm線。
犬は実に細かく人間を観察していおるのです。
老犬 夜泣き 死期

サイドFIREを目指すために今するといいこと

サイドFIREという言葉は聞いたことがありますか?

投資収入を得ながら、在宅収入で生活していくスタイルで、会社を辞めることができます。

  • 投資運用益
  • 在宅収入での利益

→生活費を上回る状態がサイドFIRE

サイドFIREを達成すると、いろんないいことがあります。

一番いいのはストレスが溜まる会社に行かなくてよくなることです。

会社から離れた生活ができる

サイドFIREを達成すると、会社に行かなくて良くなるので、生活はかなり楽になります。

人間関係のイライラや時間に縛られた生活を脱出することができるので、楽チンです。

また、会社から離れると時間ができます。

時間ができると家で挑戦できることも増えるわけですから、さらに収入アップすることも可能です。

ゆるい人生を送るためにはサイドFIRE生活を実行していきたいですが、そのためには何をすればいいのでしょうか?

サイドFIREを達成するためにやった方がいいこと

サイドFIREを達成するためにやった方がいいことをまとめました。

ブログ運営

ブログ運営はいろんなスキルが身につくので、今後の副業生活には切れない存在です。

ブログそのもので稼ぐというのもありますが、それ以上にブログを作ることで、得られるスキルが大きいです。

  • パソコンを扱うスキル
  • ライティングスキル
  • WordPressブログを構築するスキル

こういったものを全部得られます。また、ライバル調査などもしないといけないので、マーケティングスキルも身につきます。

 

投資

サイドFIREを目指すには投資の力が必要不可欠です。

本家のFIREをするにも投資の力が必要で、投資がサイドFIREにとて、とても大きいことだとわかります。

実際に投資をするのは勇気が必要ですが、何もしないとサイドFIREは達成できません。

勇気を持って、少額から投資を始めてみることが大切です。

 

いろんな副業を知る

どんな副業があるのか知ることによって、将来の自分の生き方はだいぶ変わります。

無数の副業があるので、まずはどんな副業があるのかを徹底的にリサーチしましょう。

調べた副業に1つ1つ挑戦していって、そこから伸びていきそうなものだけ伸ばしていけばOK。

まずはいろんな副業を知って、自分に合うものを選んでいきましょう。

在宅で稼げるようになれば、会社を辞めるまでの期間もかなり近づきます。

サイドFIREに向けて、知識をしっかり蓄えて、いい人生を歩んでいきましょう。

サイドFIRE 1000万

遺品整理は小金持ちの家ほどもめやすいから気を付けて

「遺品整理ってやや裕福な小金持ちの家ほどもめやすい?」
これはたくさんの遺品整理の現場を見てきた私が感じていることです。
「やや裕福な小金持ち」
いわゆる「お堅持」「資産家」とまではいかないけれどお金にはさほど府重辞意はしていな方家庭のことです。
こんなやや裕福なお家って意外と分けるのにもめる遺品がたくさんあるんです。
「資産家」「お金持ち」の家の相続って必ず相続税がかかてきます。
この相続税の申告では、相続発生したら相続税の申告書に財産汚新井在愛を記入しなけれbなりあm線。
さらには相続税対策として予め伊佐の分け方を決めています。
だからこそ「お金持ちの遺品整理はもめない」ともいえるのです。
予め度の遺産が誰に行く丘?
それが決まっているのですから、遺品整理ではあまりもめません。
しかし、「やや湯複」「小金持ち」のお家では必ずしも相続税がかかりません。
あるいはかかったとしてもその相続税はわずかです。
ですから予め相続に足して考えておく家ってほとんどないのです。
しかし、この「やや裕福」「小金持ち」の家には換金性の高い遺産・遺品って少なからずあるのです。
しかもこれが湧けられない。
例えば、母親の指ややネックレスなどの装飾品が良いれです。
母親の形見として娘がその遺品としてもらいますか?
それとも息子の嫁が義理の母親からの遺品としてもらいますか?
市場にいのはそんな遺品はいったん売却して、お金に換えてから子供たちみんなで分けるのがベストです。
しかし親の形見ともいえるそんな遺品を売るのはちょっと罪悪感を感じる子供たちも少なくありあm線。

他にも
・ブランド品
・高価な海外音系
・車
市場のお気いのは実家であるい土地建物でしょう。

分けられない遺産・遺品がたくさんあればあるほど遺品整理はもめやすいのです。
しかも祖の価値ってブラックボックスなんです。
いくらで売れるのか?
いくらの価値があるのか?
みなさん疑心暗鬼になります。
そんな状態で遺品整理をするともめやすいのです。
遺品整理 いつから

その「こだわり」ってただの「執着心」じゃないですか?

どんなに頑張っても結果がともんまわないことって、仕事の現場ではよくあることです。
戦国武将が天下を制するのは
地の地
時の利
人の利
が必要だといていたような気がします。

だからこそ時に諦めること
勇気ある撤退も必要なんです。
無理なものは無理
それはいくら頑張ったとしてもです。
しかし、今 諦めたら今までの苦労が無駄になる・・・
そんなこだわりがあるからこそ、いつまでも諦められずにしがみついてしまうがちです。

しかし、ビジネスの世界は
「結果を出してナンボ」
の世界です。

また、一度は好業績を上げても、さらに次はもっと高い成果を求められます。
自分の苦労してただ気出した成績も、会社の上司たちは次はもっと大きな成果を望んでくるでしょう。

時には勇気ある撤退をする。
今までの努力を時にはドブに捨てる覚悟も必要な時があります。

こだわりを捨てないと身も心もボロボロになってしまいます。

冷静に客観的な視点でいつも自分自身を見直してみてください。
今までの苦労はわかります。
しかし、それって「こだわり」ではなくただの「執着心」だけではないか?
今のまま突き進んでも結果は同じではないか?
しっかりと見極めなくてはなりません。

改善点が見つからない?
なにがわるいのかもわからない?
そんな状況ではいったん撤退するのも良い気分転換です。

意外とがむしゃらにやっている時より、いったん添いの仕事や業務などから離れた時にこそ、その時には見えなかった欠点やヒントが見つかるものです。
目の前のことに執着するあまり、大きな視点で物事が見れなくなることは人間よくあることなんです。

そして、よく囚われるのが「過去の成功」体験です。
以前にうまくいったやり方や方法
それがいつまでも続くとは限りません。
世の中の流れは常に大変化しています。
常に新しいやり方や新しいサービス 新しい商品がどんどん出てきているのです。

ダメだ・・・
そう見極めたのならあっさりと次のことにチャレンジしてみるのも重要です。
高齢者 見守り ネット環境なし