お酒の出張買取

お酒に関しての出張買取はコツが必要です。
お酒を買い取りしてもらうときに、気をつけなければいけないことは、お酒の種類です。
買い取りしてもらおうと思っているお酒はどのような種類でしょうか?
買取に関して金額が高くつくお酒は洋酒類です。
ウイスキー、ブランデー、ワインなど。
これらのお酒はコレクション性も高いため、希少性(プレミア)が認められれば、非常に高額な買取になります。
ですので、洋酒が古ければ古いほど、希少性も高まり高額買取の機会が増えます。
ヘネシーやレミーマルタン、ナポレオンやルイ13世などの洋酒はとても高い金額で市場で売買されていることは有名です。
それに比べて、あまり金額がつかないのは、日本のお酒です。
日本酒や焼酎、古酒などです。
手に入りやすいと言う点から、高額での買取は難しいとされています。
また、日本のお酒のコレクターの数が洋酒に比べると少ないことから、需要の点が買取金額に大きく影響しているとも言われています。
しかしながら、限定本数などのナンバーが振られていたり、期間限定のものなどは高く売れることもあるようです。
これらのお酒を買い取りしてもらうためには、お酒に関する買い取り専門店やお酒の目利きができる買取業社に出張買取をしてもらう方が良いでしょう。
お酒の買取では、お酒の状態が金額を大きく変動させることがあるので、沈澱状態やラベルの劣化、瓶の色などから年数や新旧がわかる業者にきてもらい、きちんと値段を出してもらうことが重要です。
プレミア的価値からいけば、比較的古いものの方が値段は高い傾向があるので、上記に挙げたようにボトルのカラーから新旧をきちんと出して貰えば買取金額が半額ほど違ってくるようなこともしばしばあります。
出張買取では、買取業社にお酒を安く買い叩かれないように、信頼できるお店に買取をお願いすることが重要です。
自分のお酒に関してはある程度知識を持っておいた方が、交渉において有利に進められるのでお勧めします。

出張 買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です