コレストロールを考えたら焼肉よりジンギスカン

コレストロールが気になる方は焼肉を食べに行くよりも羊肉のジンギスカンにするほうがおすすめです。
なぜなら羊肉などのラム肉は資質を燃焼させる効果があると言われているからです。
焼肉は主に牛肉「
しかし
ジンギスカンに使われるのは羊肉
同じ肉でも大きな違いがあるのです。
日本人にはまだまだ馴染みが薄いのが羊肉ですが、体内のコレステロールを減らすにはぜひこの羊肉を食べる機会を増やして欲しいのです。
羊肉の中にはL^カルニチンと言われる成分が腹囲まれています。
これはミトコンドリアsが持っている脂肪燃焼作用をかパツにする働きがあります。
逆にこのLーカルニチンが不足してしまうと、運動をしていても太りやすいか体質になってしまうと言われています。
通常このLーカルニチンは肝臓で合成されますが、年齢や飲酒などによて肝機能が低下しLーカルニチンを作り出す働きが徐々に弱ってくるのです。
羊肉には脂身も多く一見とても不健康そうに見えますが、見かけによるアズ羊肉は健康的なのです。

他にも紅麹も最近注目を集めています。
紅麹は
脱コレステロール
血圧低下
特効食品とされています。
あまり聞き慣れない紅麹という名前ですがぜひ頭の意片隅にでも入れておいてください。
中国や台湾などでは伝統的な発酵食品として食べられていますが、日本でも沖縄では「豆腐よう」が有名です。
最近では食べ物としてだけでなくサプリメントとしても販売されています。
食生活をいきなり変えるのは大変ですから利用してみてはいかがでしょうか。

さらにこんにゃくも忘れないでおいてほしいものです。
こんにゃくは水分が97%でわずか3%だけではありますがグルコマンナンという食物繊維が含まれています。
このグルコマンナンは腸の中の有害物質や余分な脂質をからめとって体外に排出してくれます。
このときに胆汁の分泌を促してコレステロールの代謝をよくしてくれます。

これらの食品を意識して積極的に摂ることでより健康に気を付けましょう。

高齢者 パジャマ おしゃれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です