自分の家の庭にお墓を作りたい

「お墓を粉具名に砕いてから海に撒く散骨」
「綺麗には野作木の下に埋める樹木葬」
そんないろいろなお墓御スタイルも増えてきた現在において
「お墓に関することは本当に自由に決めてもかまわない」と勘違いする人も増えてきました。
そこでご主人を無くされた奥様なら
「うちにはそこそこ大きな家なので広い庭がある。
 だから毎日お参りができるように亡くなった主人のお墓を建てることはできないのかしら?」
と考えるかもしれません。
実際に墓石屋さんにそんな相談もあったくらいです。
————————————————
実は遺骨を決められた場所以外に埋葬することは立派な法律違反なんです。
遺骨の埋葬は法律で厳しく決められているのです。
墓地、埋葬等に関する法律第2章第4条
埋葬または焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。
———————————————-

つまり国から簿ととpして認定を受けた場所以外に勝手にお墓は作れないンドエス。
しかも墓地として認可を受けるには相当難しいことで現実的ではありません。
ですから結論は
「いかに自分の土地であるお庭でも勝手にお墓は作れない」
ということになります。

地方の山奥には家先に墓石があるところもありますが、そこの場所は国が墓地として認めている場所です。
この法律が施行された時にすでにあったお墓なのでしょう。
お墓に関する自由度は高くなってきてはいますが遺骨の取り扱いには法律で厳しく制限されていることは知っておいてください。
海に遺骨を撒く散骨でも、いわだギリギリのグレーゾーンの取り扱いです。
「許可はしていないけれど罰っしはしない」
極めてあいまいな所でもあります。
もちろん山への散骨も同じです。
樹木葬も、あそこはきちんと来ぬから墓地霊園として認可と受けているのです。

お墓はきちんと国から認可している場所でしか作れないことは知っておきましょう。
いいお墓 口コミ 評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です