アルバイトでも社会保険に入れるって知ってた?

アルバイトでもきちんとした会社に勤めているのなら社会保険に入れる可能性があります。

ですから時給がたとえ安くなっても、社会保険に加入できるバイト先を選ぶというのも賢い選択です。

社会保険に加入出来る条件としては
①週20時間以上の勤務
②1年以上継続して雇用の見込みがある
③年収90万絵に上の見込みがはある
ことが必要です。

これらをクリアーしていれば「短期時間労働保険者」資格が発生し、もし週30時間以上の勤務なら正社員と同じ「一般被保険者」になることも可能です。
どうせ社会保険に加入できるのなら短時間よりも一般のほうが何かと有利です。
ですから、ロングアルバイトをやるなら週30時間以上務めるようにするな正解です。

健康保険では週の労働時間が正社員の4分の3以上あって、なおかつ1か月に働く日数も4分の3以上の労働契約なら加入できます。
保険料全額自己負担の国民健康保険よりも会社が半分負担してくれますし、医療費の自己負担も2割(国民健康保険では3割)と健康保険のほうがお得なのです。

しかし、最近では社会保険に長年加入していた中小零細企業も脱退していく会社も増えてきています。
ですからいくら会社に加入してくれと迫っても無理な場合もあります。

ただし、健候保険に加入すると厚生年金にも入らなくいてはいけなくなるのでしょうか?
厚生年金のほうは
年収130万円以上の人だけが対象となります。
年収が129万円の人なら雇用保険と健康保険だけ入れるということになります。

ただ会社に交渉するのもアルバイトのm威からすればかなりむずあkしいかもしれm線。
でもい、会社としてもアルバイトとhが家従業員から文句を言われるのも困るものです。
なにより正論は向こうにあるのですからね。
そこで、会社と交渉して「その代わりに時間給を上乗せする」という妥協案もありますね。
まあこのあたりは臨機応変に対応していきましょう。
あまりにも誠意のない会社なら早めに次のアルバイト先を探しあてょうがいいかもしれません。
ポケットワーク 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です