手軽な「塩」が気持ちの切り替えスイッチに使える

新しい職場に変わった時
大勢の人前のなにか話す機会があったり
いうtもと違う疲れを感じる日うもあります。
そんな時には帰宅してすぐに
・塩で手を洗う
・塩水でうがいする
そしてお風呂の湯舟には、潮をひとつまみ入れてゆっくりと入浴してみてください。

実は塩は入浴剤の代わりにも使えます。
塩を入れたお風呂に浸かると、嫌な気分もスッキリ晴れてリフレッシュできます。

塩には不思議な作用があります。
ヨーロッパでは塩にこだわりを持つ人も多く、自分専用の塩を小さなケースに入れて持ち歩きレストランで出された料理にさっと振りかけているのもよく見かけます。
また日本でも昔から「塩」はお清めとして使う習慣も有名です。
また繁盛しているお店の入り口にはよく盛り塩が置かれたいますよね。
塩にはなにか神秘的なpワーがあるのを知らず知らずのうちに皆さん使っているのです。

この詩をの力を嫌な気分の知己にこそ使うのです
自宅で盛り塩を置くのもいいでしょう。
洗面所
玄関
寝室
邪気を払いたい場所に置くのもいいと思います。
それが気分のリフレッシュにもなります。

塩は手軽に使えるものですが、必ずしも「塩」でなければならないというものでもありあm線。
大事なのは、なにかm自分で気分を切り替えるスイッチみたいな道具を持つことなんです。
安くてどこに出会って神秘的なパワーもある
それが塩なので塩をおおすすめしているだけです。

他にもグラス一杯の水を飲むことでも
静かに手を合わせてお祈りをすることでも
何でもいいのです・
あなたが気持ちの切り替えを出来るきっかけみたいなスイッチや道具を持つことが重要です。

今でこそ塩は安価でどこでも手に入る物でしたが、はるか昔橋をはとても貴重な物だったのです。
昔はお塩は非常に貴重なもので神聖でな物だったので、神具として神棚に置かれたり敷地内に盛り塩をすることで大地や家の住人にパワーを得ることができると考えられていました。
そして病や争いごとなどで多くの人が亡くなることが多かった時代です。
神聖な塩で人が亡くなるのが続かないように、災いや穢れを清める意味で盛り塩が利用されていたのです。
シンプル瞑想 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です