自分の家の庭にお墓を作りたい

「お墓を粉具名に砕いてから海に撒く散骨」
「綺麗には野作木の下に埋める樹木葬」
そんないろいろなお墓御スタイルも増えてきた現在において
「お墓に関することは本当に自由に決めてもかまわない」と勘違いする人も増えてきました。
そこでご主人を無くされた奥様なら
「うちにはそこそこ大きな家なので広い庭がある。
 だから毎日お参りができるように亡くなった主人のお墓を建てることはできないのかしら?」
と考えるかもしれません。
実際に墓石屋さんにそんな相談もあったくらいです。
————————————————
実は遺骨を決められた場所以外に埋葬することは立派な法律違反なんです。
遺骨の埋葬は法律で厳しく決められているのです。
墓地、埋葬等に関する法律第2章第4条
埋葬または焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。
———————————————-

つまり国から簿ととpして認定を受けた場所以外に勝手にお墓は作れないンドエス。
しかも墓地として認可を受けるには相当難しいことで現実的ではありません。
ですから結論は
「いかに自分の土地であるお庭でも勝手にお墓は作れない」
ということになります。

地方の山奥には家先に墓石があるところもありますが、そこの場所は国が墓地として認めている場所です。
この法律が施行された時にすでにあったお墓なのでしょう。
お墓に関する自由度は高くなってきてはいますが遺骨の取り扱いには法律で厳しく制限されていることは知っておいてください。
海に遺骨を撒く散骨でも、いわだギリギリのグレーゾーンの取り扱いです。
「許可はしていないけれど罰っしはしない」
極めてあいまいな所でもあります。
もちろん山への散骨も同じです。
樹木葬も、あそこはきちんと来ぬから墓地霊園として認可と受けているのです。

お墓はきちんと国から認可している場所でしか作れないことは知っておきましょう。
いいお墓 評判 口コミ

アルバイトでも社会保険に入れるって知ってた?

アルバイトでもきちんとした会社に勤めているのなら社会保険に入れる可能性があります。

ですから時給がたとえ安くなっても、社会保険に加入できるバイト先を選ぶというのも賢い選択です。

社会保険に加入出来る条件としては
①週20時間以上の勤務
②1年以上継続して雇用の見込みがある
③年収90万絵に上の見込みがはある
ことが必要です。

これらをクリアーしていれば「短期時間労働保険者」資格が発生し、もし週30時間以上の勤務なら正社員と同じ「一般被保険者」になることも可能です。
どうせ社会保険に加入できるのなら短時間よりも一般のほうが何かと有利です。
ですから、ロングアルバイトをやるなら週30時間以上務めるようにするな正解です。

健康保険では週の労働時間が正社員の4分の3以上あって、なおかつ1か月に働く日数も4分の3以上の労働契約なら加入できます。
保険料全額自己負担の国民健康保険よりも会社が半分負担してくれますし、医療費の自己負担も2割(国民健康保険では3割)と健康保険のほうがお得なのです。

しかし、最近では社会保険に長年加入していた中小零細企業も脱退していく会社も増えてきています。
ですからいくら会社に加入してくれと迫っても無理な場合もあります。

ただし、健候保険に加入すると厚生年金にも入らなくいてはいけなくなるのでしょうか?
厚生年金のほうは
年収130万円以上の人だけが対象となります。
年収が129万円の人なら雇用保険と健康保険だけ入れるということになります。

ただ会社に交渉するのもアルバイトのm威からすればかなりむずあkしいかもしれm線。
でもい、会社としてもアルバイトとhが家従業員から文句を言われるのも困るものです。
なにより正論は向こうにあるのですからね。
そこで、会社と交渉して「その代わりに時間給を上乗せする」という妥協案もありますね。
まあこのあたりは臨機応変に対応していきましょう。
あまりにも誠意のない会社なら早めに次のアルバイト先を探しあてょうがいいかもしれません。

ポケットワーク 評判