金歯の性質とは

金歯は金製品なので、貴金属として買取が可能です。

しかし、肝心の金歯がなんたるかを知らなくては、金歯の売買もうまくはいかないだろうと思い、少し金歯について説明してみようかと思います。

まずは、金歯の特徴は何と言ってもその柔らかさにあります。
歯のかぶせ物として、使っていけばいくほど、口の形になじんでいくという人もいるぐらいです。

もちろん金属なのである程度の硬さはありますが、加工がしやすく、歯の形を細部まで再現することができます。

このようなことから、歯との密着性がとても良く、虫歯の再発予防にはかぶせ物の中で言えば最も良いと言えます。

逆に銀歯は、金歯に比べて密着性が悪位という傾向があります。
歯と銀歯のすき間から、虫歯菌が侵食して虫歯が再発する『二次う蝕』という虫歯の原因にもなります。

また、金歯は金属アレルギーが出にくいという特徴も持っています。金歯は昔から対アレルギー用の詰め物、かぶせ物として使われてきました。銀歯でアレルギーが出るという人でも、金歯だと出ない人もたくさんいます。

金属アレルギーの人が知らずに銀歯を使うと、口の中がヒリヒリしたり、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)といって手のひらや足の裏に発疹が現れたりします。

他には、金歯は劣化がほとんど起きないという特徴も有しています。金は金属として安定しているため、金属の溶出などがほとんどないと言われています。

一方、銀歯の銀イオンは溶出しやすい傾向があります。特に、口の中という特異な環境の中では、つよく安定性に欠けます。古くなると金属特有の味がすることもあるという人もいるくらいです。

銀歯は金歯に比べて劣化が早いので、長い目で見るとあまり良い材質とは言えないでしょう。

以上が代表的な金歯の特徴になります。

金は金属としての柔軟性、安定性が他の金属より群を抜いて安定していることから、歯の代用として金歯を使う背景となりました。

 
金歯 価値
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です