消化に良い食事で健康習慣!

飲み会が多く胃がもたれる。ストレスが溜まって胃がキリキリする。最近胃が弱っているなとお悩みの方も多いかと思います。 絶食した方が良いのかもしれませんがやはり人間不調の時でもお腹はすくものです。空腹に耐えられずなにか食べたいという時もあることでしょう。

そんなあなたになるべく胃に負担をかけない食材や料理、NG食材を今回はご紹介したいと思います。 肉と魚と卵などのタンパク源からご説明します。 肉は脂肪分の少ないものが良く、ササミやとりもも肉、フィレ肉などが挙げられます。しっかり火を通してお召し上がりください。次に魚ですが、これも脂肪分の少ないもので、白身魚が良いと言われ、サバなど脂分の多い青魚や、タコ、イカは消化に悪いと言われます。卵は半熟に茹でたもが良く、茶碗蒸しにすると理想的です。 野菜に関しては普段とれとれと言われる食物繊維が消化に時間がかかり、胃に負担がかかってしまいます。キノコ類やごぼう、レンコン、セロリは食物繊維が豊富なので控えた方が良いです。大根、人参、ほうれん草、カボチャなどがオススメです。果物も食物繊維を多く含むものがあるので注意が必要になります。柑橘系や柿は摂取を控え、バナナが消化が良いです。 主食の炭水化物はうどんが消化が良く、白米を食べる際はおかゆがオススメです。NGは食物繊維豊富な玄米や雑穀米です。 その他注意すべきことは味付けはなるべく薄くすること、香辛料やコーヒーなどの刺激物は控えてください。 しかしこう見るとNG食材が結構あります。食材全てを覚えるのは無理があるので、脂肪分が多いもの、食物繊維が多いもの、刺激物の3つは控えるということを覚えてください。そして迷った食材は調べましょう。そして、食材はいつもより小さく、細く、煮る、蒸す、茹でるなどしっかり火が通る方法で調理すれば効率よく消化され、胃に負担がかかりにくいです。 胃は食物を栄養にかえるまでの過程で消化という大事な役割を担います。胃にダメージを与え消化不良が起きると、栄養素の吸収効率が落ちたり、体調不良を起こします。そうならない為にも胃を労る食事習慣を身につけましょう。

[2021年3月]雲のやすらぎを格安で購入できる!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です