可変能力に長けている人

100%の力を出せば良いというだけではない長く続け走り続けるためには100%の力を常に出していたのでは続くこともなく60%の力で仕事をすることが長く続ける秘訣である。そういった言葉を聞き、私はこれに倣い常に60%の力で働き続け、そして時に100%の力を出すということを心がけています。

長く続けるためのコツとして言われていたこの言葉、忙しい時や大変な時などに100%の力を出すということが、必要なのでこう言っているのですが、どうも私は100%の力を出すと言う出さなければいけない、いざという時にもサボってしまうことがよくあり、サボり癖がついているために一生懸命やらなくてはいけない時に60%の力で挑んでしまうようなことがよくあるのです。

自己分析の結果、私はそのパーセンテージの強弱をつけることがとても苦手なようで、臨機応変に仕事の環境を俯瞰し力の出し方を工夫するということが難しいのです。60%の力から100%の力を出す、またはその逆、これを使いこなし相違変化をつけるということは、それはそれでひとつの能力なのだと思います。

サボり癖があるわけではなく普段の60%の力で挑むことが多いために体がその60%の力で慣れてしまっているのです。そういったことがよくあり私は忙しい時、頑張らなくてはいけない時など会社が急務であったりする時にも、急いで仕事が出来なかったり残業をして頑張らなければいけないという時にも60%の力で稼働してしまうために周りからサボり癖がある人だとレッテルを貼られてしまうのです。

私自身100%の力を出さないといけないと思っているのですが、体が60%に慣れているためにすぐに臨機応変に力のパーセンテージを変えるということができないのです。そういった可変能力に長けている人ならば良いのですが、私のように一定の力を持続させるということしかできない人には難しく、サボり癖があるのだといつも同じマイペースで仕事をしていると言われてしまうのです。
決してサボっているわけではなく長く仕事を続けようとできるだけ長距離に対応したマラソンスタイルで仕事をしているがあまりにサボり癖があると言われてしまうことは、由々しき問題であるのですが、この慢心力があるがゆえに長く仕事を続けられているということが言えるのだとして、私の中で折り合いをつけて仕事と向き合っています。
ましてや能力主義の外国ではなく年功序列の日本なのでこの働き方は間違っていないと思うのですが、なかなか理解を得られない矛盾点を感じます。

サボり癖改善3ステップマニュアル 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です